Latest Entries

Voicy聞き始めてみた


NHKのらじおアプリ「らじるらじる」を聞いているが
それだけだと多少物足りないこともあり
最近使い始めたのが「Voicy」という音声プラットフォーム。
ラジオのような音声放送がたくさんあります。
配信を始めるに当たり審査があるようなので
YouTubeなどのように誰もが配信できるわけではないようです。それが良いのですが。
配信側も割と録音しやすいらしいです。

…Voicy聞いているとやっぱり
NHKのラジオは番組の質が段違いだと思ったりもするわけですが(当たり前)。

PCではログイン無しで聞けます。
自分はスマートフォンにアプリを入れて聞いてますが、その場合はログインアカウントの作成が必要。
らじるらじる同様バックグラウンド再生ができます。あとデータがそこそこ軽い?
(上記の2点がYouTubeと比較しての強み)。でも何故か電池は案外食う気が。



■ 聞いている・フォローしてる主な放送 ■

『今日の10分セキュリティラジオ』
これが一番気に入っています。
IT関係のセキュリティには元々関心がありましたし
毎週月水金の3回、1回10分という頻度やボリュームも◎。
結構続いてるようですし。
広告が無いのも◎。

金曜日の最後の雑談コーナーは正直要らないと当初思っていたが
案外松野さんの裏話が面白いことに気づいてからは飛ばさずに聞いてる。


『毎日5分トレンドITパパニュース』
こちらもIT系。
といっても「ITニュースバラエティ」(だったか)と称されており
あまり真面目にニュースと期待しすぎない方が良い。
が、単にニュースを読み上げるだけの番組が結構おもしろくない()ので
こっちの方が楽しく聞ける。
毎日配信されているうちざっくり半分くらい?はITと関係ない感あるので
タイトル見て聞くかどうか判断してる。


『10分で決算が分かるラジオ』
タイトルから期待させされる通りの内容。というか期待以上。
毎日配信されてるようだが準備大変なのでは。続くんだろうか。
人気になりすぎて広告ウザくなったり
他所で儲けるようになってVoicy離れたりしないだろうか。


あとは『ホリエモンチャンネル』や
Voicy社長の『道に迷えばオモロい方へ!』辺りも(放送頻度多くないが)。
新規の配信はもう無いが『ひろきだいちのアタマの中』も良かった。

ここまでビジネス系エンジニア系のラインナップが多いが
エンタメ系などその他の放送も死ぬほどある。俺が興味無いだけで。



広告・宣伝がうざすぎず
ある程度の頻度で放送があり
勉強になるけど面白い
…とか色々ワガママ言うと
ゴマンとある放送の中でも自分がハマるのは結構無い。まぁそんなものか。

えっ

4月書いてなかった
いつの間に一か月経った(いや2か月か

最近聞いてるラジオ


ここ1~2年くらい?、NHKのらじるらじる(HP/アプリ)でラジオ聞いてます。
我が家にはテレビが無いので。別に欲しいとも思わない。
一時期は備え付けのテレビがある物件に居たがほとんど見なかった、たまにNHK見ただけ。
尚NHK以外のメディアは見聞きする気にならない。苛々しかしない。

主に聞いてる番組:

マイあさ!・Nらじ・NHKジャーナル・NHKラジオニュース
普通にニュース。
全部完全に追っかけてるわけではないが、主に身支度などのお供に。

高橋源一郎の飛ぶ教室
何か目に付いて聞き始めたら面白かったので聞き続けている。
元々文学とは殆ど縁がないが、先生の話が面白い。貫禄があるというか。

文化講演会
週1。トピックにもよるが結構おもしろい。

カルチャーラジオ
何種類かあるが、トピックによらず面白いのは「科学と人間」。
最近聞いてておもしろいのは「歴史再発見」の「会計と経営を巡る500年の歴史」。

日曜討論
当たり外れ大きいが。回によっては(主に野党の)筋が通っていない文句を聞かされて苛々しかしない。
最初勘違いしてたが、出演者は国会議員ばかりではなく専門家や知事などのこともある。

※半分以上聞き逃し配信で聞いてます


知的にくすぐられるものしか基本聞かない。
エモい系は無理。
バラエティー系はあんま合うのが無い。
月曜のゆうパラが地味に面白かったけど先週で終わってしまった。。
あと武内陶子のごごカフェ。どうせ主婦向けなんだろと思ってたが聞いてみると案外面白く。
現役世代の男性からの投書なんかもあるし。トラックドライバーとかだと聞くのか。
たまに子ども科学電話相談も聞く、そこそこ面白い。


*

「の」の意味

「人民の人民による人民のための政治」という言葉があるが、
この「の」の意味が地味にずっとよくわからなかった。
「の」の意味が広そうなので。

の(格助詞)の意味を調べると
所有・所属・所在などと出てくる。

そもそも原文は。
調べるとofらしい。
government of the people, by the people, for the people
ofの意味を調べると
…の,の所有する,…に属する,…などのよう。
byとforは分かりやすい。

アクションを起こすのは?→人民
ターゲットは?→人民

ここまでは分かりやすい。

で、「人民の」だが、これは所属所有所属…つまり
権限や責任の所在が人民、といったところなのだろうか。

会社だったら
社長の会社
従業員による
お客のための商品/サービス
みたいな。




PC新調したい


ネット見たりブログ書いたりプログラミングする程度なら何てことは無いのだが、
主にソフトウェアなどのUIが1920x1080以上の解像度を想定している感が最近あって
1366x768では生産的な活動に限界を感じ始めてきた。
かれこれ8年ほど使い続けた今のマシンともぼちぼちお別れか。
CPUファンも何年か前からやたらとブンブン言うし。
にしても我がLet's note(CF-AX2)ここまで生き長らえてるとかほんと強い。


【希望スペック】

解像度: 1920 x 1080以上
CPU: Corei5 第8世代以上
メモリ: 8GB以上
ストレージ: 256GB以上
サイズ: 14インチ以下

念のためほしい:
HDMI
USB3.1
Thunderbolt
願わくば(micro)SDカード入れたいがこのご時世じゃキツいか?

予算は20万以下くらいですかね。


【悩む系】

・処理速度(特にGPU)
どこまで攻めるか。
Quadro P1000以下のちっさいGPU積んでてもいいかもとは思いつつ
GPU積んだ瞬間に値段が爆上がりする(数万くらい)。20万以下がキツくなる。
GPUは無しでCPUを第10世代とかi7とかにして凌ぐか。
今のPCはi5の第3世代なんだが(w)、気持ち性能上げたくはある。
ただ半分ロマンなだけで、負荷かかるの実質Fusion360(3D CAD/CAM)くらいだからな。
スペック上げたらCADとか3Dモデリングとかもう少しやるんだかどうなんだか。
今は諦めてるわけだが。スペック上げたところで大してやらん気もするし
今のスペックでもCAD/CAMに関しては何とか動いてるし。

・タッチスクリーン
今のPCに付いてて何気に便利だけどマストかと言われると微妙。
会社PCには付いてないし。
そういや昔は寝っ転がってPCゲームやったりしてた気がするが最近無いな。
スマートフォン持ち始めてたから?Kindleと らじるらじる 辺りは重宝している。あと多少YouTube。
…あ、このPCもうバッテリーが1~2hしか持たなくなったからか。

・メーカー
今の個人PCはPanasonic、会社PCはHP。
Let's note高い割にスペックが良いわけではないというか(昔から言われてるが)、
いい加減VGAとか光学ドライブとかそろそろフォローしなくてもいいんじゃね?って感じで
(光学ドライブはモデルによるがスタンダードなモデルだとフォローしてる)。
タフさは信頼できるんだろうけど昔ほど持ち歩かないし
ほぼ自宅内利用なんだったらやっぱ他メーカーの方がコスパ良いかねと。
尚キーボードの使いやすさは個人PC(Panasonic) >>>>> 会社PC(HP)。
愛着は沸くんだよなぁ。それで盲目になってはいけないと思うが。

あと、負荷かかるようなゲームはしないんでビジネスモデルっぽいのがいい。
少なくとも法人で一定のシェアあるものがいい(信頼性の面から)。
余計なソフトとか入ってないのがいい。
Thinkpadはデザインがあんまり。Dellはどうなん?ASURとかローエンドなイメージ。
mouseはゲーミングっぽい感がな。んー馴染みの無いとこはようわからん。

・MSOffice
エクセルだけちょっと欲しい。他は別に要らない。あったら使うんだろうけど。
どうしても必要だったら後から買っても良いとは思ってる。
なるべくGoogleスプレッドシートやGoogleスライドで凌ごうとしてはいるのだが。
Libreは昔データ破損した経験があってちょっと怖いんだよなー
今は安定してるのかもわからんが。

ディスプレイの端子の種類


備忘録。

未だに2012年製のPC使ってるんでVGAが付いてます。ていうかLet's note驚異の長寿。
CPUのiシリーズが出始めた頃は年々PCの性能が良くなる印象があったが
iシリーズが定着し処理能力の進歩も鈍りOSもWin10が定着し前のOSから無償で移行できたりと
あまりPCを買い替える契機を掴めないまま8年ほどこのPCを使い続けている。
モニタ解像度は1366x768px。知人が最近買ってたAcer製GooglePCもこの解像度だったんで
小型PCだと今でもこの解像度は健在の模様。

処理速度といえば、会社の実験用PCにGPU積んだら処理速度爆上がりした。
NVIDIA Quadro P1000。4~5万円だったはず。ちっさいのに強い。
次のPCはGPU搭載モデルを選んでもいいかもしれない。
CPUも気づけばi9なるものが出てたが効果は果たして。


前置きが長くなりましたが本題。

最近DisplayPortなるものの存在を知りました(上記のGPUの一件で)。
PCの知識が数年前くらいで止まってるんですが
随分あれこれ変わったようで。

主な端子の種類:
■ VGA
15ピンの青い端子。自分が学生だった頃はよく使われていたが
2015年くらいでオワコンになった模様。

■ DVI
ピンと、平面または十字の端子があわさっているアレ。
HDMIやDisplayPortの前身?

■ HDMI
一番いいバージョンでも8Kまで。
音声出力もついている(この機能には惑わされることの方が多い)。
端子のサイズは普通の・mini・microの3種類。

■ DisplayPort
2009年から存在はしており2016年から8K、2019年から16Kに対応。
HDMIよりスペックが高いらしい。
端子のサイズは普通のとminiの二種類。

おまけ。

■ USB Type-C
USB端子の小さくて上下がないやつ(?)。
モニタもType-C対応が増えてきているらしい。
しばしば雷マークがついてるのはThunderbolt3(爆速の通信規格)対応の端子で
外付けGPUボックスをつないだりもできる模様。

主に参考にしたサイト:
【2020年版】液晶ディスプレイの端子の種類に迷ったらこれを読め


結論。
ここ数年~10年くらいで案外いろいろ進化してるっぽかった。
見た目が似てて/同じで機能が違う端子があるっぽいので注意が必要。

しかしまぁ、容量や速度が必要になるようなケースが自分の場合はあまり無いもんで
接続さえできれば大して困らないというのが恐らく実際のところで。
端子の件然り、そもそもPCのSSDが128GBなんでかなり切り詰めた使い方をしている。
SDカードで保存領域を確保しているが
SDカードは本来データの長期保存には向かないと聞いてビクビクしている。
外づけHDDも常時接続する気にはならんし。第一あれもPC並みに古いが大丈夫か。

気持ちスペックが上がればCADやその他諸々の少々負荷のかかる作業も楽になりそうなものだが
そういう作業の占めるウェイトが低すぎてあまり出資する気になれんのと
一応ゲーム製作をやってるんで
自分のPCのスペックが高すぎるとプレイヤーサイドで予期せぬ不具合が出そうで何かな。
まぁ今のPCを捨てずに持っておいてテスト用に使えばよいのだが。

バッテリーも1~2時間しか持たなくなってきた気がする。
ここ1年で喫茶店作業の機会が減ったので何とかなってるが。

【感想】 春にして君を離れ


最近Twitterのタイムラインで見かけて、当該ツイートの内容から興味が湧いて読んでみたもの。自ら小説(同人は除く)を手に取ったのはいつ以来だろうか。少なくとも社会人になってからは無いし、Kindleにも無い。人に勧められて読んだ小説は2、3冊あったか。


以下、ネタバレを含みます。


春にして君を離れ
発行は1944年。
作者はアガサ・クリスティー。名前とミステリー作家なのはぼんやり知っていた程度。
読むのにかかった時間は4〜5時間程度か。
作品紹介はAmazonかWikipedia参照。


舞台は1930年代。
主人公は子どもたちが巣立った後のオバハン。理想的な生き方をしてたつもりが自分の愚かさに気づいて発狂する話(雑な説明)。

個人的には、始終主人公が気に入らなかった。小説なのでやや極端に表現されているとは思うが、言わば世に一定数いるウザい母親の典型とも言えようか。こういう女性がこの本を読んでも主人公を愚かだと思うだけでジブンゴトとして猛省する人は稀なのでは
(そんなわけで、この本に関しては珍しく世間の反応が気になる。調べた結果は後述)
(あと作者がこの話を書いた契機や意図なども幾分気になる)。

自分も自分の価値観を他人に押し付けてないか自省せねばならない、とも。例えば「多様性の尊重」という謳い文句を掲げては同調圧力にもかまわず空気を読まない発言をしたり言ってはいけない真実を言ったりする性分ではあるので、しばしば他人を刺して血塗れにしてしまうのは自覚している。やりすぎ注意。まぁ自分の場合はあらゆる観点で少数派が故に嫌でも自分の言動が不適切と気付かされる場面の方が多いですが。というかそれがあり過ぎてもはや自分は間違って生まれてきた存在だと基本的には思ってるくらいですが。良き理解者も少なからずいるのであまり闇雲に自暴自棄になるのも良くないと思いつつ。

話を本の内容に戻して。自分の価値観を押し付けていいことした気になってるウザいオバハンが、砂漠での2〜3日?の中で、見て見ぬ振りをしてきた自分の愚かさを徐々に自覚させられていくわけです。この主人公のオバハンは本当に見ていて苛々するんで、読み進められた理由は「早くドン底に落ちるところを見たい」と「結末への興味」でした。

小説の主な構成要素としてストーリー・人物・舞台があり、自分の場合は人物と舞台が気に入れば人物が動いて喋ってるだけで面白いと感じるケースが多い。従って今回のように主人公が気に入らない小説なんてあれば普通放棄すると思うんですが。周りが総じて主人公を嫌って(?)いたり程よく悪くない人たちだったりした影響もあるかもしれない。舞台は中東の砂漠、これも良い。海外の人が描く海外というか。主人公が日本人だったら完全に無理で英国婦人だったから読めたのかもしれない。そもそも海外作家だから、という理由も。作家も登場人物もたいてい日本人は肌に合わない。

主人公が地獄に落ちてくれても個人的には全然良かったわけですがそうはなりませんでしたね。ただ現実的な展開ではあるしそれはそれで良い。帰り道で徐々に、景色とともに主人公の性分も元通りになっていく辺りはまぁそうなるよなと思ったし。旦那も旦那な節はある。そもそも列車が来る前の、砂漠で迷子になって狂ってたときに、自分の失態に気づきはしつつも旦那に「赦して」と言ってる辺りが甘ちゃんだなと思ったし。自分なら自分の存在価値が無い(寧ろ悪)だと悟ったら死ぬけど。自分がひっそり消えれば誰もが喜ぶわけで。
言い忘れてましたが、自分は「人の不幸は蜜の味」という思想の人間ではないし、この思想は非常に好かない。基本的に、人を幸せにする人が幸せになって、人を不幸にする奴は痛い目に遭えばいい。厳密には境遇などにもよるが。

忙しなく日々を過ごしていた主人公にはそれまで孤独に物思いにふける機会が無かったようだが、それもまたすごい話で。実際、自分のような内向型の人間と比較し、外向型の人たちは滅多にそういうことをしないとは聞く。
自分がこの主人公のように砂漠で何日も暇を持て余したらどうなるのだろうか。思うに、日頃から瞑想や妄想のようなことを普通にしているのでそれとにたような状態になるだけだと思う。今まで見て見ぬふりしてきたもの…まぁ、無くはないのかもしれないが(強いて言えば、排泄物など”人間から出てくるもの“は総じて苦手で、そういうものと付き合わなければならない仕事や状況はできるだけ遠ざけているが)。あとは、あまりに刺激が無いようだと、よく知られている「感覚遮断実験」のような状況にはなるんでないかと思う。

-

途中で書いたように、他者の感想が気になったのでAmazonのレビューをかいつまんで見てみた。
オーソドックスなのは「主人公みたいにならんように気をつけないと」「自分も他人のこと意外と分かってないのかも」とか。あとレビュー書くくらいの人だとやはり「自分のことのようで胸が痛い」のようなものもちゃんとあった。あるいは子どもに対して虐待に近い仕打ちをしてるとか(そういや主人公には「毒親」という言葉がとても合う気がする)、精神障害の一種なのでは、とか。

それから「描写が上手い」というコメントも多い。確かに、飽きたり躓いたりせずに最後まで読めたのはそのような理由からだと思う。不満がないという満足、みたいな。


適温(冬)


以前夏に冷房を入れるタイミングは書いてたが冬verは書いた記憶が無い。

可能な限り重ね着してひざ掛けして
下限13.5度
ここが閾値っぽい。
昔はもっと頑張れた気がするが気のせい?
(我慢はしていたかもしれないが生産性は高くなかったかもしれない)。

これ以上低くなると足元も肩も寒くて生産性が著しく低下する。
一時的に床に入って暖を取れば復活できるかと思えばそうでもない、
寧ろ二度寝して肩こり・頭痛の原因になる。
午後は日が入るので室温上がるが朝晩は暖房要る。
出勤前の身支度だけだったら頑張れるが家を出ないなら要る。

先月書き損ねた


ぼやぼやしてたら先月書き損ねてしまった。やらかした。
このブログ立ち上げてから初めてな気が。
とりあえず、あけましておめでとうございます。

クリスマスイブはラーメンを茹で
昨夜は残り物でキムチ鍋
今朝はその汁で雑炊。

伝統がありそうに見えてほとんど戦後に生まれた文化、
ろくな意味やルーツもなく
商売に踊らされてみんなでウェーイってやってるだけの日本の各種行事に
まるで関心を持てない。
あと以前触れたように特需に対して否定的な見方をしてるんで。

夜も普通に寝て朝起きたら正月。
テレビの特番とかカウントダウンとか馬鹿馬鹿しい。
うちテレビ置いてないし(要らんし)。
朝ラジオ(※)をつけたらマイあさ!が普通にやってて何かほっとした。
年末年始も変わらず仕事がある関係者も大変だとは思うが
(交代で休みは取っているようには見えるが)。

※スマートフォンのアプリ(らじるらじる)で聞いてる。NHKしか聞かない。

何年使った


中高生の頃になけなしの小遣いで買ったアイテムを未だに幾つか使っていたりする。
例えばこれ。自腹で服を買ったのはこれが初めてだったかもしれない。
20201124_shirt1.jpg

今は寝間着としているが、色んなところが破けてきた。
尚、他にも何枚かボロボロの服がある。
20201124_shirt2.jpg

こちらは水筒。一見そうは見えないかもしれないが恐らく10年弱使っている。少なく見積もっても数年。
いつ買ったか不明。大学時代?就職後?
近くで見るとあちこち打痕がある。内部が茶渋で染まっている。
何より、パッキンがダメになって中身が漏れるようになってしまった。
20201124_waterpot.jpg
で、似たような容量・色のものが一応見つかったので買い換えたのですが。
先ほどよく調べてみたら古い方の水筒の予備品がメーカーからまだ出てることが分かり。
買い換えた水筒は数百円のもので若干信用ならんのと
黒系でこのサイズ(300ml)で部品3点の水筒というのが全然見つからないので
予備品買ってこの古い方の水筒も復活させるかもしれない。
どうせ季節や行先によっては300mlじゃ足りないし2本持ち歩くのもアリでは、などとも。

気に入ったものは長く使う。
気に入らないものは、できれば買いたくない。
問題は市場に出回っているアイテムで気に入るものがなかなか無い点。
妥協しても失敗することしか無いので
少しでも気に入らないと思ったら買うべきではない。
最近は服なり靴なりオーダーメイドの利用が増えつつある。
高いので沢山は作れないが。別に構わん。

いい加減冬物のコート新調しないと、そろそろ寿命。
比較的良さそうなものを買って寸法調整をするか、
はじめから作ってもらうか(但し行きつけの店ではトレスしかしてくれないので
結局何かデザインの手本となるコートが必要になってしまう)。
もたもたしてるとまた突然寿命を迎えて妥協品を買う羽目になってしまう。

Appendix

プロフィール

As

Author:As
ご覧いただきありがとうございます。
元々は艦これネタ中心でしたが、最近は日々思う所を書き綴ってます。

コメント・拍手・リンクは大歓迎です、お気軽にどうぞ!過去の記事へのコメントもご遠慮なく。
どうぞよろしくお願いいたします。

[艦これ情報]
サーバー:幌筵(13/12/27開始)
司令lv:103(16/4/23現在)
※現在休止中
[その他]
雪国出身、ここ数年は関東在住

[17/7/16~]

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる